印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

モアレ(moire)

モアレとは、規則正しい模様を重ねあわせた時に出る縞模様のことを指します。印刷においては、写真のような色の濃淡の変化を表すために色の濃さを規則正しく配置された網点の大きさで表現します。特にカラー印刷の場合はそれぞれの色の網点を重ねあわせて印刷するために干渉が発生してしまい、厳密にいえばモアレは必ず発生しています。規則正しい模様が含まれているなど、モアレが発生している印刷物におきましては見栄えが非常に悪くなってしまうために注意が必要です。 ただし、モアレを完全に取り除くことはできません。それでもある程度の予測はできるため印刷業者においては印刷の際CMYKそれぞれの網点を傾けることでモアレを目立たなくしています。具体的には、シアン、マゼンタ、ブラックを30度ずつ傾け、もともと目立たないイエローに関しては15度傾けています。その他網点をぼかすことでモアレを発生しないように前もって対策が行われる場合もあります。