印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

CTP(シーティーピー)

従来のオフセット印刷などの方法では4色の印刷物であれば、4版のフィルムが必要でしたが、現在はペラ物・冊子に関わらず、CTPと呼ばれるフィルム・レスの印刷方式が主流です。 このCTPの登場は制作段階におけるDTP・組版システムの導入とも深く関わっています。 制作から印刷まで一連の工程をコンピュータを使い、データですべて行うのが現在の印刷工程です。 フィルムが必要としない分、短納期が可能になり、コストも低減できる点も大きな特長です。 色や文字のチェックに関してはDDCPと呼ばれるハードで色校正のためのプルーフを出力して確認します。 これに関してもプルーフ出力で確認する場合と、簡易的な印刷物であれば、画面上のみや本機校正の場合もあります。 これも印刷物の仕上がりや求められる品質によって選択されます。 CTPが主流になる中で印刷工程における刷版作業も大きく変化し、フィルムだけでなく青焼と呼ばれる校正紙もなくなっています。 ハードウェアの進化とともに印刷現場も変化を遂げてきたのですが、コストダウンとシステム化をキーワードとするのがCTPです。