印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

オフセット印刷

オフセット印刷とは、印刷技能の一つであり、版と紙を直接接触させず版に付けられたインクを一度プランケットとよばれる媒体に転写させてから紙に印刷する方法のことをいいます。 現在の平板印刷はほとんどがこのオフセット印刷を利用しており、印刷枚数が大量になればなるほどコストを削減することができます。 印刷する刷版に、印刷したい部分には油が含まれるインクを、印刷したくない部分には水を含ませます。水と油の互いに反発しあう性質を利用したもので、印刷部分のみにインクを含ませることができます。そして、プランケットは耐久性が非常に高く大量印刷にも向いています。近年では水の代わりにシリコンを使用するところも増えて来ました。これにより廃棄物の量も減らせます。 大量に印刷が行われる雑誌や新聞、写真、チラシといったほとんどの印刷にこのオフセット印刷が使われています。 凸版印刷と比較すると立体再現性や設備の初期投資におけるコストはかかりますが、その他に関しては特に難点のない印刷方法です。