印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

ロゼットパターン(Rosette Pattern)

ロゼットパターン(Rosette Pattern)とは、カラー印刷の用語で、4色のインキを刷り重ねるために作った網点が、色によって決められた角度で配置されているときに出てくるもののことを言います。カラー印刷物を注意深く見ると小さな亀甲の模様が組み合わさって印刷物ができあがっていることがわかりますが、この模様のことを印刷用語でロゼットパターンと呼びます。 カラー印刷にはAMスクリーニングとFMスクリーニングという手法があり、通常新聞や雑誌などの紙媒体の印刷物にはAMスクリーニング手法が使われていますが、このAMスクリーニング手法の場合、網点が適正な角度で配置されないと、モアレと呼ばれるものが出現します。ロゼットパターンもモアレの一種とも言えますが、通常は適正な角度で配置しているときに出る亀甲型の模様をロゼットパターン、不適正な角度で配置しているときに出るうねりのような模様をモアレと呼んでいます。