印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

アロマフリーインキ(AromaFreeInk)

アロマフリーインキは、近年になって登場した環境にやさしいインキです。AFインキとも呼ばれ、その環境の優しさは大豆油インキよりも高いです。具体的には、インキ成分中の石油系溶剤成分を0%にすることで大気中に放出される揮発性有機化合物、いわゆるVOCの成分を一切廃しました。その揮発性有機化合物の成分の一つである芳香成分には発がん性や皮膚刺激性があるとも言われています。アロマフリーインキの採用により、印刷に従事する作業員の健康被害を少なくできる効果があります。現在ではインキ生産量の90%をアロマフリーインキが占めています。特に印刷会社においては新聞などの平版印刷インキに使われていることが多いです。 但し石油から生成される製品に変わりはありませんので、昨今の燃料代高騰を受けインキ代の値上がりは避けられない状況となっているのもまた事実です。 いずれにせよインキという分野においても改良が行われており、環境保護が進んでいるのです。