印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

角丸加工

角丸加工とは名刺や洋服などのタグなどを作成するときに利用される方法です。 名刺やタグなどの角を90度の直角にしてしまうのが一般的ではありますが、そうではなく角を綺麗な丸に加工をするのが角丸加工です。 角を丸にすることによって直角と違った表現になり、丸めることにより、優しい印象になったり、お洒落な形にしたりすることができます。 このように優しい印象にするための加工ですので、女性用の名刺やポストカード、ショップカードなどに利用されることが多いです。 角丸加工にも種類があり、角につくる丸の半径の長さによって違いがあります。 角丸半径が3mmですと、少し丸みを帯びた程度になりますが、9mmぐらいになると角が相当丸まった形となり、角丸の半径の長さによって印象も変わってきます。 四隅を角丸に加工するのが多く見られるパターンですが、三箇所だけ加工して一箇所は直角、または二箇所を加工して残り二箇所は直角にするというパターンもあります。 印象を変えるための加工ですので、どのパターンにするかはその人の好みによって決められることが多いです。