印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

ブロッキング

ブロッキングとは印刷工程上のトラブルで、印刷加工された紙の表面に過度な負荷がかかることにより、重なった紙同士がくっついてしまう現象を指します。特にインクが乾く前に紙が過度に重なった時に発生しやすく、そのままで次の工程に進んでしまうと紙をはがすときにやぶれや傷つき、裏写りが発生してしまいます。 原因として考えられるのは乾燥しにくい材質の紙を使っている、インクの盛り過ぎやパウダー不足、紙の積み重ねすぎ、湿度不足による静電気によるくっつき、一度乾燥したインキの戻りなどが考えられ、対策としてはインキの量を抑える、パウダーの量を増やす、紙を過剰に積み重ねない、湿度管理の徹底などが挙げられます。印刷機において使われるパウダーはじゃがいもなどのでんぷんでできているために吸い込んだとしても健康に一切影響はありませんが、食用ではないので口にするのはできれば避けたいところです。また、プリンタ内に入り込み動作不良を起こしてしまうということも稀に発生するので適切な量を見極めたいです。