印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

総インキ量

一画素を構成するCMYKそれぞれの色のインクを掛けあわせた量の合計が総インキ量です。ですので、最大総インキ量はそれぞれの色を100%ずつ使用した400%ということですが、印刷には輪転機を使用している関係上、実際に印刷に適しているのは300%から350%程度までというところがほとんどです。それ以上にしてしまうと色乗りが悪くなってしまうトラッピング不良という現象や、インクがかわかずに用紙の裏面にくっついてしまう、いわゆる裏付きが発生してしまいます。これにより印刷物が汚れてしまうのです。 紙面により総インキ量の限界値は決められているといっても過言ではなく、紙質が劣る新聞の場合は240%、雑誌広告では320%、一般商業誌では300%から360%が限度です。 現在では画像編集ソフトにおいても総インキ量を設定できるものが登場しており、仕事でイラストを扱う場合でもデスク上でのチェックが用意に行えます。