印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

ノンアルコール印刷

ノンアルコール印刷とは、高品質印刷を行なうために必要とされてきた物質であるIPA、つまりイソプロピルアルコールを湿し水として印刷工程で使用しない印刷方法です。この湿し水というものはインキが親油性なのに対して、インキでは印刷しない部分は親水性が高いという状況で印刷するオフセット印刷では欠かせないものといえます。水道水だと表面張力が高すぎて細かいところまで行き届かないのでインキがにじんでしまうことがあります。そこで性能本位で考えられた湿し水がアルコール系のIPAであったわけで、性能的にはかなり優れたものです。ところがIPAを使うと廃棄する段階において環境負荷が非常に高くなってしまうことが判明したため、最近では湿し水にはIPAを使わないノンアルコール系のものが使われて、環境負荷を低くできるようになりました。ノンアルコール印刷の真価とは、印刷の品質面を保ちながらも印刷業務の環境負荷を低くすることができる点です。