印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

インデックスカラー(indexed color)

インデックスカラーとは、最大256色のカラーパレットの中に1677万色の中から使用する色をあらかじめ選び番号をつけ、画像の作成においては色の指定にその通し番号を指定することで色を表現する方法です。 現在ではディスプレイでもフルカラーの表示が可能になり、JPEGのように詳細な画像の場合大量の色をフルで使用するために扱うことは非常に難しいです。しかし、企業のロゴマークのように使用される色が限られていることが多い場合あらかじめ使用している色を色番号1、色番号2のように定義し一ドットごとに色番号を指定していきます。このとき、RGB情報はカラーパレットが持っています。これによりデータサイズを大幅に削減できることから、現在でもイラストの印刷やWEBサイトなどでは広く使われています。 よく使われるGIFやPNG、TIFF形式の画像の表現にはこのインデックスカラーが使われています。反対に、一ドットごとに色を直接指定する方法はtrue colorと呼ばれています。