印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

色空間(いろくうかん)

色空間とは、色を数値の組み合わせにより表現する方法や範囲のことを表します。3印刷に関係する色空間ですと、赤緑青3色で表現するRGBやシアンマゼンタ黄黒の4色で表現するCMYK、また特色としてはDICやPANTONE、日本塗料工業会標準色などが挙げられます。 3つの軸を持つ3次元空間で表現されることが多いので、色空間と呼ばれるようになりました。 デジタル印刷やディスプレイには欠かせない指針であり、色の再現に非常に役立ちます。また、目的に応じて多種多様な色空間が存在します。デジタルカメラの撮影においてはsRGBが使われ、一部カメラではさらに色再現ができる空間の広いAdobeRGBにも対応しています。 デジタル画像を印刷原稿として入稿を行う際はRGBからCMYKに自分で変換してから入稿するか、出版社や印刷会社に変換を依頼する必要があります。いずれの方法も色見本や印刷方法などの指示のコメントを書いたものを同時に添付します。但し、色褪せずにそのままの色で色変換する作業は非常に難しく、プリンタやディスプレイが違うと色味が変わってしまうために現在でも試行錯誤が行われています。