印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

解像度(かいぞうど)

解像度とは、写真や画像等の分解可能なきめ細やかさ・滑らかさを表す尺度のことです。 この値が高ければ高いほど、より自然に近い画質になり、逆に、解像度が低いとギザギザとした荒い画質になります。 単位はdpiという単位で、読み方はドット・パー・インチです。 dpiは1インチあたりにいくつのドットがあるかを表わすもので、ドットの値が大きいほど精密できめ細やかな画像を表現することができます。 ですが、画像の質を決めるのは最終的には画像全体のドット数ですので、画像のサイズが小さい場合はドットの値は小さいままです。 そのため、小さい画像のサイズを大きく変更してもドット数は一定の値のままなので、解像度は下がってしまい荒い画質になります。 一般的に画像が美しく見える目安として、ホームページ用の画像には72dpi、印刷用の画像には300dpi〜600dpiの解像度が必要とされています。 また人間の目は青色に対する感度が弱いので、青色の解像度は少し低めにする傾向があります。