印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

バリアブル印刷

バリアブル印刷とは、顧客のデータベースにもとづき、レイアウトは同じでも一枚一枚違う内容の印刷をすることをいいます。 バリアブルとは可変という意味を持っています。 主に企業が住所や氏名、性別、購買履歴、趣味嗜好といった全く性質の異なるターゲットに的確な内容を送りたいときに工夫をこらすべく発展された手法で、文章のみならず画像の差し替えを行うこともあります。 従来の不特定多数に向けた新聞の折込チラシと比較してもユーザーからのレスポンス率が画期的に向上するなど、マーケティングには絶対に欠かせないものとなっています。 その他、商品のプライスシールやPOPにも応用されることがあります。 もちろん、印刷を担当する企業にあたっては個人情報の保護が一層求められています。 自宅での使い方としては、主に年賀状ソフトにこのバリアブル印刷が用いられています。元となるデザインは同じでも宛先が異なり、送る内容も一人ひとり異なる場合があるからです。