印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

スクリーン印刷

スクリーン印刷とは、版に化学繊維でできたスクリーンを使用して印刷する方法のことを指します。 孔版印刷の一つで、枠に張って固定させたスクリーンに版膜を作り、必要のない部分の目を塞ぎます。そして、枠内にインクを入れ、スキージというゴム製のヘラで一定方向に摺り、版膜のない部分のスクリーンを通過させることにより被印刷物に印刷が行われます。 まさにスクリーンの目をうまく使った印刷方法と言えます。 また、スクリーン自体に柔軟性があるために曲面にも印刷でき、印刷圧が低いことから柔らかいものにも印刷出来ます。 具体的にはガラスやプラスチック、金属、布でできた製品に使用されます。身近でいうと携帯電話やゲーム機といったものや、ポスター、POP、名刺の印刷に使われています。 海外で技術が培われたこの印刷方法ですが、実は意外にも日本の、染物に模様をつける仕組みにルーツを見ることができます。日本で技術力を高めたのは戦後の混乱期が落ち着いてからのことでした。