名刺印刷なら激安名刺ドットコム > 豆知識・雑学 > 名刺をむやみにくばるとまずい?名刺売買の裏側

名刺をむやみにくばるとまずい?名刺売買の裏側

当たり前のように交換している名刺ですが、最近そんな名刺を売買する業者が登場し問題となっています。 あなたは名刺をむやみに配っていませんか? もしそうであれば今からでも注意が必要です。 ここでは最近問題となっている名刺売買についてご紹介します。

  • 名刺に書かれたメールアドレスが高額取引されている
  • メールアドレスが流失することでハッカーからの攻撃があったケースも
  • 名刺を必要以上に配らないほうがいい

名刺からサイバー攻撃に繋がる危険性

サイバー攻撃を仕掛けるために大企業や研究者の名刺売買取引が秘密裏にされています。
狙われている情報は名刺に必ずといっていいほど記載されている電子メールアドレス。
これらを取得することでハッカーは攻撃を仕掛けることが可能となるので、中国やアジアでは最近収集したメールアドレスのリストを高額で販売する業者が急増しているようです。
狙われるターゲットは大企業や有名企業が多いというが、私たちの情報もいつ抜かれていてもおかしくないのです。

実際にあった名刺からの情報漏洩

過去に、名刺が発端となり情報漏洩の危機にさらされた機関がある。
ロケットの研究を行う独立行政法人・宇宙航空研究開発機構(JAXA)です。

1枚の名刺に記載されていた情報をもとに、茨城県にあるJAXAの宇宙センター宛に「地震速報」に関する電子メールが送られました。
開封した職員がメールに添付されていたpdfを開いたところ、ウィルスが仕組まれておりそこから情報漏洩がおきた可能性があるという。

このように簡単な手口ではあるが、当事者になると案外引っかかることも多い。
また、自身の名刺は他の人にも多く渡っているので注意が必要なのです。

名刺からの情報漏洩を防ぐための対策

名刺からの情報流出を防ぐには、むやみに名刺を配るのをやめるというのが一つのポイントです。
イベントや展示会などの担当者と見せかけて名刺を集めたり、駅などで名刺交換をおこないデータを高額で売買するブラック会社も存在するようです。
名刺交換を要求されるとついつい渡してしまいがちですが、全く知らない人や仕事に関係のない人などに理由もなくやたらと配布するのはよくないかもしれません。

また、会社によっては難しいかもしれませんが個人で使う名刺であれば電子メールアドレス自体を載せないというのも一つの手です。
連絡手段として、SNSなどを代わりに記載するのもいいかもしれません。

100枚290円〜で最高品質の名刺を!

激安名刺ドットコムでは100枚290円〜で名刺印刷致します! もちろん売りは安さだけではありません!

当社では富士ゼロックスの最新機種「Color 800 Press」「Color C75 Press」を採用。

従来の印刷機では表現できなかった、高精細で鮮明な名刺印刷をぜひ体感してみてください!

他カテゴリ一覧

名刺を作るときの心得~基礎編~

名刺に載せる情報から基本的な配置のルールまで、名刺作成の基礎が詰まったコンテンツです。初めて名刺を作る、という方は特に必見です。

詳しくはこちら

名刺をパワーアップするアイデア集18撰

様々なデザインの名刺が溢れ変える昨今、人とは違った名刺であれば渡した相手により自分を印象づけることができます。 ここでは名刺のデザインをワンランクアップさせる、個性的なデザイン方法を具体例と合わせてご紹介します。

詳しくはこちら

100枚290円〜で最高品質の名刺を!

激安名刺ドットコムでは100枚290円〜で名刺印刷致します! もちろん売りは安さだけではありません!

当社では富士ゼロックスの最新機種「Color 800 Press」「Color C75 Press」を採用。

従来の印刷機では表現できなかった、高精細で鮮明な名刺印刷をぜひ体感してみてください!

PAGE TOP