印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

パス

画像の表現方法には物や人物の輪郭そのものを活かす切り抜きと、画像の版自体を活かす「角版」の二通りがあります。 このうち切り抜き画像はフォトショップのペンツールを使って切り抜くのですが、この時に表れる線がパスです。 パスの使い方は画像の表現方法の基礎で、クリックをするとアンカーポイントと呼ばれる点が表れます。 このアンカーポイントを画像のカタチに沿って線でつなぐことで切り抜かれます。 この画像の切り抜き作業の注意点としてはパスの保存とクリッピングパスを選択することで、この二つの作業と通して画像が切り抜かれます。 複雑な画像の切り抜きにおいてはパスを使って、何度もアンカーポイントを打つことになりますが、拡大して作業パレットのハンドルを使うことで滑らかに画像に輪郭に沿うことができます。 フォトショップでの切り抜き作業だけでなく、イラストレーターでの線画もパスです。 パスが多い画像は重たくなりますが、ラスタライズで1枚の画像にすることで軽くなります。