印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

DTP

DTPとはデスクトップパブリッシングの略、すなわち、コンピュータ上で印刷の前段階までの作業を行うことをいいます。 原稿作成や画像の編集、紙面のレイアウトまでを行い完成したものをデータとして保存し、その後印刷会社に発注をかけたり、自社の印刷工場で行ったりします。紙への印刷は通常、コストや納期がかからないオフセット印刷が専ら用いられます。 DTPを行うための専用のソフトも市販されており、現在では雑誌や新聞、同人誌といった出版物のほとんどの作業がDTPで行われています。 DTPが使われるようになったのは1990年前後の事で、普及する以前は活版印刷を主に用いた印刷方法が主流でした。 また、欧米ではDTPはあっという間に普及して行きましたが、日本におけるDTPは1バイト文字のアルファベットだけでなく、漢字や平仮名といった2バイト文字も扱うために初期段階では使えるフォントがゴシックと明朝がそれぞれ1書体しか使えなかったといった特殊な事情がありました。