印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

電子書籍

電子書籍は、本などの内容を電子データにして、ユーザーにダウンロードしてもらうことで、専用端末やパソコンで読めるようになったもののことです。 通常の書籍は、持ち歩くのには不便ですが、電子書籍ならば数百冊を一つの媒体にダウンロードして持ち歩くこともできます。 今まで日本での電子書籍の販売は、本の種類が揃わないことから伸び悩んでいましたが、2012年から日本でも、大手の電子書籍販売業者が本格参入し、普及が加速してきています。 電子書籍の販売サイトでは、多くの出版社と提携し、販売できる書籍の数を増やしてきているところが出てきています。 また、電子書籍の専用端末も1万円を切る安いタイプが販売されるようになり、今後、電子書籍の普及に弾みがつくことが予想されています。 電子書籍の1冊あたりの価格は、通常の書籍よりも2、3割安くなっている場合が多いです。 また、電子書籍の種類によっては、通常の書籍の半額になっているものもあります。 電子書籍は利便性の高さから、今後、日本でも販売が急速に拡大することが期待できるでしょう。