印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

カンプ

カンプとは英語の「comprehensive layout」が省略された言葉で、デザイン業界や印刷業界において、デザイン案を出す段階で、レイアウトも含めてある程度完成状態に近い全体像を作成することです。また、それを印刷やデータ化したものそのもの自体を指してカンプと呼ぶこともあります。 カンプは完成品をイメージするためという役割があり、クライアントなどに対してカンプを提示して意図に沿ったものができているか、変更点はないかなどを確認していきます。複数でコンペを行うときなどはカンプの段階でプレゼンテーションを行うことが多いです。 名刺印刷用語としてはこの使い方のほかに、見本を印刷した出力紙をさす意味もあります。実際の印刷機を使用して名刺用の用紙に印刷するのではなく、仕上がり見本として通常の印刷機で印刷したものをカンプと呼びます。 このカンプ段階で修正があれば指摘してもらい、実際の印刷にかけるという手順になります。