印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

化粧断ち

化粧断ちとは、印刷物を仕上がり寸法よりも大きな紙に刷り、印刷が終わってから周囲を切り落とし、規定サイズに仕上げることをいいます。 例えば、自宅でイラストの入った印刷物をプリンタで印刷すると余白が出ます。本来なら、用紙いっぱいまで、色が入っていたほうがいいのにという経験はありませんか。印刷業界では、それを見越して、仕上がりサイズいっぱいまでイラストや色が入る場合は、仕上がりサイズよりも3ミリくらい伸ばして印刷するそうです。そのため、余分な部分を切り落とし、規定サイズに仕上げる化粧断ちの作業が必要になります。 名刺印刷の場合、余白の微調整を自動で行い、裁断位置の自動補正も行う専用カッターが販売されているそうです。自分で名刺を作ると、ミシン目の入った名刺専用のプリント紙であってもずれが生じます。会社内で独自にパソコンを使って名刺をつくるところでは、この電動名刺カッターによる化粧断ちで自社で安く名刺を作っているところもあります。