印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

古紙リサイクル適性ランク

古紙リサイクル適性ランクとは,紙の印刷物のうち、その紙質や使用インク、印刷物の用途など一定の条件によって、AからDの4段階に分けられているランクのことです。 資材を用いる時に、なるべくランクが高いものを用いることによって、古紙リサイクルを促進することがこのランクの目的となっています。 リサイクルできるかどうかという点で大切になるのが、AランクとBランクです。 Aランクとは、紙類と板紙にリサイクルできるものを指します。紙類とは、新聞、雑誌、リーフレットなどの印刷物として使えるもの、板紙とは、ダンボールや絵本の表紙用に使かわれる厚手の紙です。Bランクは、板紙のみに再生されます。これは、印刷業界と古紙の業界の両者で協議し実現したものです。 CランクやDランクは、紙類や板紙へのリサイクルが難しくなります。 具体的には、パアート紙や上質紙などの普通紙はAランクのものが多く、石やガラス、プラスチック類のものはCランクやDランクになることが多いです。