印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

紙目

印刷で使われる用紙の原料であるパルプをすき網に通す過程で、すき網の方向に繊維の流れができます。 この方向こそ紙の目と呼ばれるもので、巻きこまれた紙の切断方法によりヨコ目、タテ目の二つの紙目ができます。 このうち、枚葉紙の場合で長辺の方向に紙の目ができるのがタテ目で湿度の変化による伸縮がヨコ目より少ないのが特長です。 この紙目の違いは印刷上のトラブルを防ぐだけでなく、仕上がりにも影響する大切なものです。 例えば、パンフレットの場合、本の背に対して平行するタテ目であれば、ページも開きやすく、本の内側にかかるノド部分の紙ジワも起きにくくなります。 これがヨコ目の場合では背に対して逆方向になり、繊維の流れが邪魔するカタチで本が開きにくくなります。 いわゆる逆目と呼ばれるものです。 冊子の場合ではタテ目が使われることが多いのですが、 名刺のような1枚ものの場合、強度の面からヨコ目の用紙を使うことがあります。 繊維と順方向のタテ目は開きやすいもの、破りやすい、すなわち、紙が切れやすいという面もあるので、 この点は印刷物に合わせて変える必要があります。