印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

総ベタ

CMYKの4色で成り立つカラー印刷ではそれぞれの色の配分で様々な色を表現できます。 スミ100%を出す場合とK100%あるいはCMYKすべての割合を100%にして出す場合の二通りの方法があります。 このうちCMYKすべて100%にした場合を総ベタといい、リッチブラックとも言われています。 スミ版は文字の見やすさと同時に、デザインや写真を引き締める効果を持つため、パンフレットなどでも多用されています。 特にリッチブラックは艶のある黒を表現できるため、紙質の選択によっては見栄えも格段に上がります。 しかし、リッチブラックにもデメリットがあり、艶があり深みのある黒を表現できる総ベタも印刷ではすべてのインキを使用することになるので、インキの乾きがその分だけ遅くなり、汚れなどにも注意を払う必要が出てきます。 CMYKをすべて100%にすると400%になりますが、この数値を300%に落とすだけでも総ベタのリッチブラックを表現できます。 総ベタも割合の工夫次第で、CMYKのプロセスカラーの仕組みを活用することで様々な黒の表現も可能です。