印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

QuarkXPress(クォーク・エクスプレス)

長らくDTPソフトの標準ソフトとして君臨していたのがQuarkXPressと呼ばれるソフトです。 登場当初はマックのみの展開でしたが、バージョン4.1JからはWindowsにも対応、長きにわたってシェア首位の座を明け渡すことはありませんでした。もはやマックでDTPを行う時のデファクトスタンダードともなっていたソフトです。 初心者にも易しい操作性が特徴で、テキストボックス、画像ボックス、ラインという3つのアイテムでレイアウトしていきます。のちにベジエ曲線を使い自由なラインが描けるようになり、DTP総合ソフトへの第一歩を踏み出していきます。 しかし、2000年代後半にかけてMac OS Xへの対応が遅れたことから他社DTPソフトへの乗り換えが加速、日本やアメリカではシェアをみるみるうちに奪われてしまいました。また、他社ではすでに完全に対応している、特殊なルールが必要な日本語の組版への対応が十分でないなどの問題が残っています。