印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

プロセスカラー(CMYK)

プロセスカラーとは、印刷において使われる4種類の色のことです。CMYKとも言われ、Cはシアン、Mはマジェンタ、Yはイエロー、Kはブラックのことを指します。 ブラックがBではなくKなのは、Bですとブルーになってしまうからです。 黒色を表現したい場合、シアン、マジェンタ、イエローを混ぜあわせても黒になりますが、実際は不安定になってしまい濁ったような色になってしまいます。そのため明確な黒を作り出すためのブラックインクが用意されているのです。 この4種類の色の割合を変えることでたくさんの色を作り出しています。 カタログやカラーのチラシを拡大すると、それぞれの色はこの4色により表現されているということが分かります。 データを印刷したい場合は、RGBから必ずこのプロセスカラーに変換しておかなければなりません。 但し、金や銀、蛍光色といったプロセスカラーでは再現できない色もあり、この色を印刷したい時はあらかじめ調合しておいたインクを使います。