印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

dpi(ディーピーアイ)

dpiとはdot per inchの頭文字で、一インチあたりどれだけのドットが表現できるかを表す単位です。 プリンターやスキャナ、ディスプレイの性能表示として使われ、この値が大きいほどより詳細な表示ができるようになります。解像度そのものを示す値としても使われ、一般にディスプレイなら72dpi、市販の家庭用プリンタならカラープリンタの場合350dpi、モノクロは600dpiの解像度があります。電算用写植の場合は2000〜3000dpiが標準的です。 このdpiの値が小さいと、画像にシャギーが発生したり、印刷物にボケとして現れてしまいます。ディスプレイとプリンタのdpiの値は異なりますので、たとえディスプレイではなめらかに見えてもプリンタから出力される画像ではカクカクしていることもあります。また、dpiの値が高くなればなるほど高性能なコンピュータが必要となってきます。 画像編集ソフトによってはppiと書かれている場合もありますが、dpiと同じような意味です。