印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

カーニング(kerning)

カーニングとは、文字と文字の間隔を詰めたり離したりといった調節を行うことです。主に欧文フォントについて使用されることが多く、文字の形がほぼ正方形の日本語や漢字について使われる例は少ないです。文章を横書きするとき、例えばWとAのように隣り合った文字の形により間隔が開いてしまうことがあります。その結果余白が広く見えてしまうため、文章の見栄えが悪くなってしまうのですが、カーニングはこれを防いでいます。カーニングの方法は二つあります。一つ目は欧文フォントの文字自体にカーニングに関する情報が記憶されており、これにより自動的にカーニングが行われます。これをメトリクスカーニングと呼びます。もうひとつは組版ソフトにより文字の形状から最適な間隔をアルゴリズムにより決定する方法です。これをオプティカルカーニングと呼びます。 これに対し、カーニングが行われていない、等間隔で配置された文字のことをベタ組みと呼びます。