印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

ストループ干渉

ストループ干渉とはジョン・ストループにより報告された、同時に提供される文字の意味と文字の色のように2つ以上の情報が干渉しあうことで理解を困難にしてしまう現象のことです。例えば、文字の色を答えさせる問題においては赤色で「赤」と書かれている場合よりも青色で「赤」と書かれている方が答えるまでの時間がかかってしまいます。信号の場合、赤色で「進め」と書かれていては判断に迷ってしまいます。 ですので、標識や案内板といった情報をデザインする際においては意外性やサプライズを期待する場合を除き、このような現象を回避するために一般的に認知された物事を巧みに使ったデザインを使用するのが望ましいです。 その一方で、逆ストループ干渉という言葉もあります。これは、文字を読ませた時に実際の色が干渉してしまう現象の事です。一例としては赤色で「赤」と書かれている場合よりも赤色で「青」と書かれている方が答えるまでの時間がかかってしまう事が挙げられます。