印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

掛け合わせ

印刷物は大きく分けてモノクロの単色刷りと、CMYKの掛け合わせによる多色刷りの二つがあります。 CMYKの4色は印刷のカラーの基本で、特色のDICとは別にプロセスカラーとも呼ばれるのですが、多色刷りのほとんどは4色の掛け合わせで構成されています。 印刷現場では4色刷りを4Cと呼び、モノクロは1Cと表記します。 例えば、片面フルカラーの場合は4/0と表記し、両面の場合は4/4と表記します。 多色印刷の場合、スミの扱いには特に気を使います。 これは色の表現が網点と呼ばれる表情に小さな色の点で構成されるのですが、 これをプロセスカラーの4色でスミを掛け合わせた場合、他の色、つまり網点が影響して純粋なスミに見えないことがあります。 制作画面上やカンプでは確認できない場合が多く、 このスミ版の掛け合わせの状態をチェックするのが校了チェックと呼ばれる作業で、スミ版を外して他の色が残っていないかどうかを確認していきます。 その際、スミ版指定のところに他の色版が残っていることは掛け合わせのスミであると認識できます。 プロセスカラーによるスミ版は印刷の仕上がりでも滲んだように見えることもあるため注意を払っています。