印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

DIC

印刷物はCMYKの4色で制作するのが基本で、Cのシアン、Mのマゼンダ、Yのイエロー、Kのブラックの4色の掛け合わせ、厳密に言えば、それぞれのパーセンテージで色が成り立っています。 しかし、微妙な色合い、あるいはゴールドやシルバーといった特殊なカラーについてはDICが使われます。 DICは印刷の現場ではディックと呼ばれ、特色扱いがそれに当たります。 基本のCMYKに加えてDICを使うケースもあるのですが、 これが多用されるケースとしてはロゴマークの処理など、特定の色の指定がある時によく使われます。 DICは専用のチップがあり、制作段階でチップを貼り指定する作業を行います。 DICには4色の掛け合わせも明記されているのですが、多くはDIC指定です。 また、4色の印刷物だけでなく、2色のケースDIC指定が基本で、 下版データも2色刷り専用に作り、DIC指定するのが一般的です。 データ入稿が主流の現在でも、特殊な色合いや伝統色の色指定はDICが活用されます。