印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

アウトラインフォント

アウトラインフォントとは、あらかじめ記憶しておいた文字の輪郭線を書き出すことにより文字として表現させるフォントです。 ビットマップフォントとの違いは、ビットマップフォントの場合は一文字一文字がドットの集まりとして記憶されているため、拡大するとドットが粗くなってしまうという欠点があります。このため、文字の大きさにより複数のドットを記憶する必要がありました。このためにデータ量も増えてしまいます。コンピュータの性能があまりよろしくなかった時代によく使われていました。 しかしアウトラインフォントの場合はいくつかの基準となる輪郭線の座標をもとにベジェ曲線にて描画され、その後内部を塗りつぶすという処理が行われるために拡大縮小しても文字が粗くなりません。コンピュータの性能がある程度向上した時代に使われるようになり、現在の主流となっています。 コンピュータを操作すると大量の種類のフォントを目にしますが、現在ではそれらほとんどのフォントがアウトラインフォントによる座標と輪郭線のデータにより描画されています。