印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

ビットマップフォント

ビットマップフォントはコンピュータの発展期において使われていた、ドットの集合により文字を表現するフォントのことを指します。コンピュータが今のように高性能でなかった時代においては容量の節約や表示速度の高速化を図るべくビットマップフォントが使われていました。特に日本語においてはひらがな・カタカナ漢字ローマ字と使われる文字が非常に多く、全フォントを記憶するにはROM容量が不足していました。その為、漢字ROMの中にビットマップフォントを格納して運用されていました。 しかし、拡大縮小すると文字が崩れてしまうことからコンピュータの性能向上に伴い、徐々にアウトラインフォントに移行していきました。 DTPにおいても同様にシステムが成立した初期の頃はプリントアウトにはアウトラインフォントが、デスクトップでの作業においてはビットマップフォントが広く使われていました。 現在でもスケーラブルフォントからビットマップフォントを生成するときに小さい文字ですと潰れて読めなくなってしまうためにビットマップフォントが使用されています。