印刷用語集

印刷に関する用語をまとめました。

ウルトラユポ

ウルトラユポとは、DTP・印刷用語で合成紙のことです。 石油由来で、焼却時に有害物質の発生しない環境にも配慮した合成紙となっています。 両面印刷が可能で、表面は光沢があり、グラデーションが綺麗に印刷されます。鮮やかに仕上げたい印刷物に適しているといえます。 また、耐水性と耐久性にも優れており、ラミネート加工したものが剥がれてしまうという心配がありません。PP加工やニス引き加工などの表面加工を施し保護を行えば、料理のメニューでの使用や折り加工をしたものにとても向いています。 用途は様々で、冊子やチラシ、耐水・耐候屋外ポスター等には最適です。 なかでも身近なもので言えば、投票用紙、地図や選挙ポスター等に使用されています。外で野ざらしになっている選挙ポスターが雨に濡れてシワになったり劣化したりしないのは、ウルトラユポを使用しているからです。 ちなみに、表面が平滑で滑らかなので鉛筆による筆記には適していませんのでご注意ください。