データ作成ガイド



N0.1 当店専用のテンプレートをご使用ください。

以下の理由で当店専用のテンプレートの使用をお願いしております。

  1. ユーザー様がデータを作成する上で、塗り足し不足やサイズ間違いなど、
    データエラーになってしまう点を予め確認していただくため。

  2. 当店が把握出来る仕様で作成されたデータでないと、予期せぬトラブルが
    発生する可能性があるため。

ご協力をお願い致します。

テンプレートダウンロード


N0.2 フォントのアウトライン化を設定してください。

フォントのアウトライン化がされていない場合、PCの環境によってフォント(字体)が
入れ替わるなど、想定されているデザインと異なった印刷結果になってしまいます。




N0.3 塗り足しと内側の余裕をとってください。

印刷をする際、1~2mm程度ずれる可能性がありますので、塗り足しをつけ、
内側の余裕をとってください。塗り足しと内側の余裕が足りない場合、
文字が切れたり、白地が出てしまいます。

編集サイズ ロゴや文字など切れてはいけないデザインを入れるサイズです。
仕上がりサイズ 仕上がりサイズです。
作業サイズ 仕上がり線まで線や背景が掛るデザインの場合、作業サイズまでの余裕(塗り足し)が必要です。
仕上がり線ちょうどのところまでしかデザインがない場合、断裁時に若干のズレが生じただけでも、
仕上がりの端に紙の白地が出てしまいます。



N0.4 画像は埋め込んでください。

        
  1. メニューバーの〔ウィンドウ〕を開き、〔リンク〕をクリックします。

  2. 下の画面が出てきますので、ファイル名を選択して、
    ボックスの右上のマークをクリック。

  3. 選択メニューが出てきますので、〔画像を埋め込みをクリック〕をクリック。




N0.5 特色カラーを使わず、CMYKカラーで設定してください。

弊社は特色インクでの印刷に対応しておりませんので、データに「DIC」や
「PANTONE」などのカラーは設定しないようにしてください。




N0.6 CMYKモードで制作してください。




N0.7 レイヤー・オブジェクトのロック・隠す機能を使わないでください。

デザインデータの一部にロック機能が使われていると、印刷のためのデータの
抽出作業に漏れが出てしまう可能がございますので、ロックを全て解除された状態の
データでご用意ください。

万が一、オブジェクトを隠す機能や非表示レイヤーなどが含まれていたデータで
ご入稿された場合、表示されたないデータは印刷に不要なデータとして処理いたし
ますので、予めご注意ください。




N0.8 注文内容と入稿データ内容を同じにしてください。

モノクロの注文内容に対して入稿データにカラーが使用されていたり、
片面の注文内容に対して両面の入稿データがあるなど、
注文内容と入稿データが一致しない場合、
どちらが正しいのかユーザー様に確認を取る必要が発生します。

その際は確認が取れるまで進行がストップするので、
納期に遅れが出る可能性がございます。

もし、事情で意図的に注文内容に一致しない入稿データをご用意される場合は、
予め備考欄などでその旨のご連絡をお願いします。
例)モノクロ注文ですが、データにカラーが含まれています。
現在当方で編集ができないので、強制的にモノクロ変換で印刷してください。




N0.9 線のサイズを0.3pt以上、文字サイズを3pt以上にしてください。

線が細すぎると印刷で表現されない、もしくはかすれてしまう可能性がございます。

文字は小さすぎると潰れてしまい、可読性がない仕上がりになる可能性がございます。
※文字のptはフォントによって若干大きさが異なります。
 3pt以上とは標準的なフォントの大きさを基準としますので、予めご了承ください)



pagetop

お使いのブラウザはご利用頂けません

ご利用中のIE(Internet Explorer)はご利用いただけません。
お手数ですが下記の推奨ブラウザをご利用ください。

推奨ブラウザ